妊活中は排卵日ジャストにセックス

妊活中は排卵日ジャストにセックスをするようにしますが、それまでは精子が薄くなってしまうので、禁欲をすると良いという噂がまことしやかに昔から言われています。

それにより不妊男女はセックスの回数が多々あるからだと言われる事もあったりなんかするわけです。

実際にそのように思っている男女も案外いるようです。

このような噂は、禁欲すると精子の量が多くなるので懐妊しやすいという発想ですが、本当は精子の数より質が問題だという事が分かってきているのです。

基本的に精子は精巣でつくられますが、基本的に射精してから3日ぐらいで満タンになると言われています。

しかも痛むようになった精子は分解されて体内に吸収されてしまったり、尿と共に排出してしまうのです。

それより禁欲によって逆成果が出てしまう事があります。

女性をいかせる技術を学ぶ!⇒北条麻妃が教える 「絶頂ピストンメソッド」

卵巣に精子が残っている事で新しい精子が溜まりにくいという事なのです。

それによって満タンではあっても、その中にはオールド精子が多々あるという様子になってしまい、懐妊しにくいきっかけになってしまいます。

精子が古くなると運動量が低下したり、遺伝子への損傷率も高まってしまうのです。

他にも精子をつくる精巣の働きまで低下していく事になり、不妊や懐妊しても胎児に何か遺伝的な損傷が出てしまうという事にもつながるのです。

それにより10日以上禁欲をする事は避けるようにしましょう。

人工授精などの事例はナンバーワン良い状況での精子が望むわけですが、禁欲は3日以下で14%、禁欲1〜10日で10%、禁欲10日以上で3%と、禁欲日数が増えるほど成功率はどんどん下がっていくのです。

その上禁欲1日の禁欲の時の懐妊成功率は、驚いたことに19%と跳ね上がる結果も出ているのです。

無論1カ月間ずーっと1日おきぐらいにセックスをするのは、男性も若干大変かも知れませんが、排卵日の前後3日ぐらいの1週間は頑張りたいものです。

それによりにもちゃんと栄養を整え、妊活を頑張りましょう。

しかし男性は、性欲を無視してたて続けにセックスをするという行為に対して、抵抗を抱えてしまう事があります。

それにより妊活は無論ですが、結局双方の性欲が伴うような努力や思いやりも、妊活夫妻には必須なのかもしれないいなと思うのであります。

 

コメントを残す